読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山口健太の旅ブログ

仕事の合間を利用して、世界を旅しています。

2016年12月の欧州旅プラン

旅のプラン

12月の欧州旅のプランを練っています。12月5日の朝にベルリン到着。12月15日にバルセロナから帰国します。

f:id:kentayamaguchi:20161001225253j:plain ↑まもなく閉鎖される(なんどめだ)テーゲル空港

ベルリンでは2017年後半に新空港が開港するので、テーゲル空港を利用するのはこれが最後かもしれません(と言い続けて幾星霜)。バルセロナに行く理由は、復路チケットを2月の渡航用にしているため。

この間、どのあたりで時間を潰すのが良いものかと思案しています。

ちなみに2015年はどうしていたかというと、片道特典で4都市を連続訪問し、デンマークの地方都市を気ままに探索していました。

f:id:kentayamaguchi:20161001225359j:plain ↑オールボーの中心街

では今年はというと、夏に訪れたスコットランドが思いのほか良かった(≒ご飯が美味しかった)ので、英国でまだ行ったことがないウェールズと北アイルランドを訪問するのもいいかなと。

全体プランとしては、まずはベルリンからロンドンに移動。列車でカーディフに行き、リヴァプールあたりまで北上。空路か海路で北アイルランドのベルファストへ。バルセロナへは飛行機が安いダブリンからが良さそう。 簡単に宿を調べてみると、12月は週末にサッカーの試合があるマンチェスターやリヴァプールは高めで、バーミンガムは手頃。カーディフ、ベルファストは宿も多くて取りやすい感じ。

アイリッシュ海を渡る方法としては、LCCが発達していることもあり空路が便利だけど、海路もいくつか選択肢がある。 所要時間が短いのは、ノース海峡を越えるケイルンライアン-ベルファストで約2時間。ケイルンライアンがどこにあるかというと、グラスゴーから南下したほうが早いような場所だった。


ダブリンに向かうなら、ホリーヘッド-ダブリンが3時間で行ける。ホリーヘッドの近くには世界一長い名前で有名な駅があり、鉄な人ではなくとも気になるところ。


カーディフから見て行きやすそうなのは、アリーヴァ・トレインズというウェールズの鉄道に乗ってフィッシュガードへ。そこから船でセントジョージ海峡を渡り、ロスレアというアイルランドの港まで4時間。ロスレアからダブリンのタラ・ストリートまでは鉄道で2時間半。


いずれも空路に比べると余計な苦労が目白押しで、旅人向きルートといえる。